どうも、しょへです。

 

最初に余談をしますと、

 

誰もがスマホを持ち歩いて、誰もが検索エンジンから情報収集して、

誰もがSNSやブログで情報発信して、誰もがネットで買い物をしているようなこの時代で、

まっとうな仕事としてやっていれば「アフィリエイト=悪いこと」という事実は一切ありません。

 

胡散臭い人もいますし詐欺をする人もいるかもですが、それはリアルでも同じこと。

現実世界でも・いつの時代でも悪いことをしている人は必ず一定数いますよね(笑)

 

アフィリエイトの正しい知識さえ持つことができれば、

「アフィリエイト=悪い・怪しい・詐欺・やっていはいけない」

みたいな風潮は、あなたの頭の中から消えるので安心してください。

 

もしそういった悪い人に出くわしてしまっても、知識があればスルーすることができます。

⇒アフィリエイトの基礎知識についてはこちら)

 

それでも、

 

  • 汗水たらして稼ぐことが「偉い」「安定」「幸せ」だと思う
  • 「アフィリエイト=悪いこと」みたいなイメージから抜け出すことができない

 

んまあこういった考えの方は、そもそもアフィリエイトに参入しないので大丈夫ですが・・・

アフィリエイトに罪悪感を感じるから商品紹介しない?

 

  • 「売り込みかよw」って思われて信頼関係が崩れるかもしれないから商品紹介しない
  • アフィリエイトして読者さんからお金をいただくことに罪悪感を感じるから商品紹介しない

 

稼げていないアフィリエイターさんの中には、

こういったマインドをお持ちでくすぶっている方もいるのではないでしょうか?

 

 

バカ だと思います。

 

 

うん。

 

考え方を変えない限り、一生アフィリエイトで稼げることはありません。

商品紹介しないと成果報酬型アフィリエイトの報酬は発生しないんですから。

販売者さんの代わりに商品紹介をして、その紹介料をいただくことがアフィリエイトです。

 

または罪悪感を感じているわけではないけど、

商品紹介の回数を「しすぎかな?」とやけに気にしてうまくいかない方もいると思います。

 

 

でもぼくは、「そこまで気にする必要はないんだよ」と声を大にして伝えたい。

誠実にアフィリエイトしていれば罪悪感は感じない

 

そりゃあ、

 

  • 「買え買え」とあおっているような商品紹介
  • 「ウザい」と感じるほどの無意味に多い回数の商品紹介
  • オススメできない商品をオススメするようなの商品紹介

 

こういった自分のことしか考えていないアフィリエイトは罪悪感どころか ” 悪 “ でしかありません。

信頼関係が崩れて当然だし、稼げなくて当然だし、溺れるほどの罪悪感を持つべきだ。改善すべだ。

 

あとは、その商品が必要な人と必要じゃない人の区別をアイマイにして、

必要じゃない人にまで買わせてしまっては罪悪感を感じるかもしれませんね。

 

ただ、

 

  • その商品に価値・魅力を感じている
  • その商品で読者さんの悩み・欲求を解消してあげたい
  • その商品が必要なのに気付いていない人に必要性を教えてあげたい
  • 商品の価値・魅力をきちんと伝えるライティングスキルを持っている
  • ターゲットがしっかり決まっている
  • 読者目線を第一にアフィリエイトをしている
  • 人様に感謝されながら稼ぎたいと思っている
  • ボランティアで情報発信をしているわけじゃない

 

という誠実なアフィリエイターにとっては、

 ” 知っている価値ある商品をあえて紹介しない方がよっぽど罪深い “ のではないでしょうか?

 ” 目の前に悩んでいる人がいて、あえて助けない方がよっぽど罪深い “ のではないでしょうか?

 

たとえば、

キーワード選定が原因でアクセスアップに悩んでいる方がいて

「 ⇒キーワードスカウターSってゆー便利なツールがあるよ!」

と教えてあげれば、罪悪感どころか感謝されると思います。信頼関係なんて崩れません。

(感謝されながら稼げることがアフィリエイトの嬉しいダイゴミの1つ^^)

 

単純にアフィリエイトは、オススメできる商品を必要なターゲットに紹介しているだけです。

 

 

んーーというか、

「罪悪感を感じる」って言うと

「アフィリエイター側が操っているから悪いこと」みたいなニュアンス?がするんですが・・・

 

誠実にやっていれば脅しているわけでも、騙しているわけでもなく、

読者さんは自分の意思でマウスを動かし、クレジット番号を入力し、購入ボタンをクリックします。

その商品紹介を見た読者さんの意思で「必要」「必要じゃない」「買う」「買わない」は決まるわけですよね。

 

そもそも興味がない人は最初から読まないだろうし。

 

ですから、読者さんのことを第一に考え、

誠実にアフィリエイト活動をしているなら罪悪感を感じる必要は全くありません。

 

 

  • 「何をすればこの悩み・欲を解決できるのかな?」
  • 「この商品があればちゃんと悩み・欲を解決できるのかな?」
  • 「値段に見合った価値はあるのかな?」
  • 「他の商品と比較したらどっちがいいのかな?」
  • 「公式の販売ページにはいいことしか書いてないし、実際んとこどーなのよ?」

 

と、その商品を必要としている方・必要性に気付いていない方をターゲットに、

いい商品を「いい」と言って悪い商品を「悪い」と言ってどこに罪悪感を感じるのでしょうか。

 

商品紹介以外にも読者さんが求めている情報をきちんと発信していれば、

商品紹介の記事が多くなっても大丈夫です。(極端に売り込みまくるのはウザいけど)

 

 

「罪悪感を感じる」という方は、誠実にアフィリエイトのお仕事をやっていないのでは?

 

 

誠実なアフィリエイトの商品紹介が罪悪感を感じるほどの悪いことなら

テレビCM・テレビショッピング・チラシ・看板など、商品紹介の全てが悪いことになってしまいす。

 

ジャパネットたかたの人が笑顔の裏に罪悪感を抱えているとは思えません(笑)

(アフィリエイトは ” 個人の商品紹介 ” だから不安になって罪悪感を感じるってのもあるのかな)

 

 

 

ぜひアフィリエイト・商品紹介に罪悪感を感じることなく、自信を持ってください。

また・・・。もし・・・。それでも・・・。

 

また、誠実にアフィリエイトをしているのに

「どうしても胡散臭い商品紹介になってしまい罪悪感を感じる」

という場合は、⇒コピーライティングというスキルが必要です。

 

 

もし、誠実にアフィリエイトしているのに

 

「売り込みウザすぎワロタwww」

「クレーム入れちゃろwww」

 

みたいな方いたら

相手のレベルが低いかターゲットが合っていないだけなので、

こっちからスルーして気にしない方が今後のためです。罪悪感は感じないでください。

 

” 商品紹介をしやすくする ”

という意味でも、ぼくがよく言っているような

 

  • 読みたい人にだけ読んでもらう
  • ターゲットに合う人だけを集客する(悩み・欲とブログの一致)

 

といったアフィリエイトのスタンスが大切です。

 

 

ででで、

それでも有料商品をアフィリエイトすることに罪悪感を感じるのであれば、

無料オファーアフィリエイトというものから挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

無料オファーアフィリエイトについてはまた次回書く予定です。

(追記:⇒無料オファー(オプトイン)アフィリエイトのメリット・デメリット・仕組みとは?

 

 

明日から8月だ!暑い!

 

ではでは