どうも、しょへです。

 

このブログでもしつこく(?)言っていますが、

アフィリエイトブログの運営において大切なことは、

 

  • 訪問者さんが知らない(悩みを解決できる)具体的な知識・ノウハウ・方法・最新情報
  • あなた(ブログ運営者)自身の経験や実践の良かった点・悪かった点
  • あなた自身の意見・考え方・オリジナル性・人間性・価値感・人生観・こだわり
  • とにかくめっちゃおもしろい記事

 

などの価値がある情報をたくさん発信していくことです。

そうすることでブログ訪問者さんとの信頼関係ができ、結果に繋がるからです。

 

 

ただ実は、それだけでは「いいアフィリエイトブログだ」とは言えません。

 

 

価値ある情報を発信することと同じくらいに ” ユーザビリティ” というものが大切です(・∀・)

ユーザビリティの意味とは?

 

まずユーザビリティの意味とは、

ユーザビリティ (英語: usability) とは、使いやすさとか使い勝手といった意味合いで使われることが多い。しかし、その語義は多様であり、関連学会においても合意された定義はまだ確立されていない。

(引用元:Wikipedia

 

なんかアイマイですね・・(笑)

 

意味の定義は確立されていないようなので、アフィリエイトブログという目線でもみていきます。

アフィリエイトブログにおけるユーザビリティの意味

 

もちろんアフィリエイトブログにおいても

Wikipediaに書いてあるような「使いやすさ・使い勝手」というユーザビリティは大切です。

 

いくら価値ある情報を発信していても、

ブログが使いづらくて目的の記事を見つけてもらえなければ意味がないからです。

 

意味がないというか「使いづらいブログ」という悪いイメージを与えてしまいます。

そのイメージを喰らった人はもうブログに来てくれないかもしれません(´・ω・`)

 

というのもですね。

きっとあなたが思っている以上に、ブログ訪問者さんの集中力って散りまくっているんですよ(笑)

 

あなた自身が他のブログを読んでいるとき(ネットサーフィン)を想像してみてください。

きっとお尻でもボリボリかきながらダラダラと流し読みしていることが多いかと思います。

少しでも「このブログなんとなくイヤだな」と思ったらすぐに閉じてしまうかと思います。

 

ゴロゴロ

 

 

ですから 使いやすさ(読みやすさ・わかりやすさ)を大前提に、

 

  • その集中力のなさにどう対応していけばいいか?
  • どうすれば長く滞在したくなるような居心地のいいブログになるのか?

 

要は、

「お・も・て・な・し」(←古い)

を考えて実践することが、アフィリエイトブログにおけるユーザービリティの意味なのです。

 

 

そしてもう1つ大切なことがありまして、

“「ただ単純に 誰にでも使いやすいブログにすればいい」ということではない ” ということです。

 

アフィリエイトブログのユーザビリティは収入そのものにも関わってきますので、

 

  • ブログのターゲットは誰なのか?(ユーザビリティの ” ユーザー ” とは誰なのか?)
  • そのターゲットはどーゆー目的でこのブログを見ているのか?
  • そのターゲットにどーゆー行動をしてほしいのか?

 

という部分も考えていかなければいけません。

そして、ターゲットに合ったユーザビリティを行っていく必要があります。

 

例えば、

 

女性がターゲットのブログなら女性が好むようなデザインにして、男性なら男性に。

 

初心者さんがターゲットのブログなら難しい言葉は使わないようにして、

中級者さん以上がターゲットなら専門用語を使った方がわかりやすいブログに。

 

記事そのものを集中して読んでもらうことが目的なら1カラムの記事にして、

記事だけでなくサイドバーなどのリンクもチェックしてほしいなら2カラムにして。

 

もう少し具体的にみていくと・・・

ブログのユーザビリティを向上させる具体的な方法

 

色々あるとは思いますが

 

例えばですと、

 

  • デザインを読みやすい綺麗なものにする
  • カスタマイズで使いやすいブログにする
  • サイトマップ・関連記事・最新記事などを設置する
  • グローバルメニュー・サイドメニュー・フッターを充実させる
  • 初心者さん向けページなどのまとめページを作る
  • トップページにワンクリックで戻れるようにする
  • 同じタブ・別タブを使い分ける
  • 記事に目次を設置する
  • 見出しタグを使う
  • 箇条書きタグを使う
  • 改行・文字装飾を使う
  • 画像・動画を使う
  • ⇒コピーライティングを学ぶ
  • ⇒クリックされやすいリンクにする
  • リンク切れなどのエラーをなくす
  • ブログの表示速度を上げる
  • 不要なものを設置しない・書かない

 

などなど

 

そういったユーザビリティの高い(居心地がいい)ブログは、

滞在時間がのび、SEO対策にもなり、読者との良い信頼関係にも繋がりやすくなる。

 

ターゲットの訪問者さんにとって使いやすく、読みやすく、わかりやすいブログを目指しましょう。

 

 

価値ある情報発信 × 高いユーザビリティ

 

これこそがユーザーが求めるブログなのです。

 

 

ちなみにこのブログでもユーザビリティを向上させるために、

色んな仕掛けをご用意しているのでぜひ見つけてパクッてみてください^^

 

一例をあげると、

ブログの下層部に行くとカテゴリーとメニューのサイドバーが付いてくる(パソコンからのみ)とかです。

 

そんな感じでブログのユーザビリティを向上させる際には、

実際にブログ訪問者さんの気持ちになってみることが大切です。

 

→ 「ブログ訪問者の気持ちを考える」ってどういうこと?具体的に何すればいいの?

 

 

ではでは