どうも、しょへです。

 

⇒しょへのアフィリエイトを形成しているものをまとめてみた!

⇒「アフィリエイトは5%しか稼げない・95%は稼げない」はガセだよ

 

と、前2回連続で内部リンクを張りまくった記事や動画を載せた記事を投稿してみました。

 

それには一応理由があって、

ブログの滞在時間を上げる(PV数を増やすなど)ことがSEO対策になるからです(o・∀・o)

ブログ滞在時間とSEO対策の関係

 

もし あなたがGoogleの運営者になったとしたら

訪問者さんの平均滞在時間が、

「10秒のブログ」と「10分のブログ」

どちらのブログを検索ユーザーに提供したいですか?

 

 

 

 

もちろん

平均滞在時間が10分のブログだと思います。

訪問者さんが10秒で直帰するブログということは質の低いブログということですよね。

 

情報に価値がないのか、外観がガタガタなのか、間違えて開いたのか・・・・・。

 

滞在時間が短いブログには様々な理由がありますが、

Googleは訪問者さんのブログ滞在時間で記事が読まれているかどうかを判断しています。


滞在時間が短い⇒記事が読まれてない⇒「質の低いブログだ」⇒ボツ

滞在時間が長い⇒記事が読まれている⇒「質の高いブログだ」⇒上位

 

というわけです。

だから、ブログの滞在時間を上げることで大きなSEO対策に。

 

じゃあ、どうすれば滞在時間が上がるのか?

ブログ滞在時間を上げる6つの方法

 

ブログの滞在時間を上げるということは、

単に⇒記事の文字数を増やせばいいというわけではありません。

 

無理矢理ボリュームを増やした情報の薄い記事は、

訪問者さんの時間と労力と信用を奪うだけですから当然SEO的にも悪いです。

 

コツは6つ。

 

 

これでPV数はかなり変わってきます。

PV(ページビュー)とは、ページが開かれたアクセスのことです。

(1人の訪問者さんが3ページ開くと、UUは「1」、PVは「3」になります。)

 

 

ぜひこの6つの方法を実践してブログの滞在時間を上げていきましょい◎

 

 

まあでも、

本気で訪問者さんに役立つブログなら記事の誘導なんかしなくても

「他の記事はどんな役立つ情報が書いてあるんだろう?」

と、自然にPV数が増えて滞在時間が上がるはずなので

価値のある情報を提供し続けることが1番ですね。結局(笑)

 

 

ではでは