どうも、しょへです。

 

ぼくは現在 大学生です。

⇒アフィリエイトに出会ったことで就活を辞めました。

 

でも、実はアフィリエイトに出会う前に

「就活なんて辞めてしまおうかな」と思わせてくれた動画があります。

就活狂想曲を観た感想

 

 

就活狂想曲と言い、東京芸術大学の大学生が制作した日本の就活・就活生を皮肉ったものです。

 

メンタルがへらってメランコリックなぼくは就活中にこの就活狂想曲を観て変わりました。

 

それまでは自分を押し殺して就活をしていたんですけど、

自分に嘘をついてまで内定を貰おうとしていることに嫌気がさして色んな気持ちがこみ上げてきたんです。

 

「就活しんどすぎ・・・」

「集団主義に埋もれたくない・・・」

「就活狂想曲の主人公と全く同じ事してるやん・・・」

「そこら辺の凡人がやっていることしたっておもしろくない・・・」

「個性なんてなんもないじゃないか・・・」

「おれがしたかったのはこんなことじゃない・・・」

「小6のおれは今のおれを見てどう思うかな・・・」

「この紙切れ一枚でおれの何がわかるんだ・・・」

「面接なんて演技やん・・・」

「自己分析、SPI、玉手箱・・・は?」

「説明会とか良いことしか言わないじゃん・・・」

「3ヶ月で会社決めるなんて無理に決まってる・・・」

「入りたい会社なんて1つも見つからない・・・」

「やりたい仕事なんて1つも見つからない・・・」

「サラリーマンになって幸せなの・・・」

「サラリーマンなんてただの奴隷じゃん・・・」

「サラリーマンになるために生まれたわけじゃない・・・」

「学生時代なんもやってこなかったおれが社会に出てやっていけるのかな・・・」

「どうせ社会不適合者なんだよな・・・」

「毎日早起きして人生諦めたサラリーマン達と満員電車に乗りたくないな・・・」

「就職したら今後の人生40年間会社に捧げるのか・・・」

「労働に追われるだけの毎日になんの意味があるの・・・」

「毎日仕事しても平均年収400万しかもらえないんだよな・・・」

「お金にも拘束されて、時間にも拘束されるのか・・・」

「メンタル弱いから精神的にも大拘束だろうな・・・」

「住む場所も限れるよな・・・」

「おれがおじいちゃんになった時は年金もらえないんでしょ・・・」

「老後のために貯金しなくちゃ・・・」

「年収400万で結婚して家族養って老後の貯金なんてできるの・・・」

「就活でも苦労して、就職しても苦労して、老後も苦労するのか・・・」

「なんのために生きてるのかわからなくなりそうだ・・・」

「ただでさえ今までの人生クソみたいなのに・・・」

「就職したってこれからの人生もクソになるに決まってる・・・」

「周りの大学生は何も考えちゃいないな・・・」

「内定が貰えればいいと思ってる・・・」

「内定貰ったって社畜がまた一人生まれるだけじゃん・・・」

「就職しないで稼ぐ方法はないかな・・・」

「ああ、世界中色んな国に行って見たかったな」

「ああ、英語が話せるようにもっと勉強したかったな・・・」

「ああ、バンドを組んで音楽やりたかったな・・・」

「ああ、女の子ともっと遊びたかったな・・・」

「就職して社内恋愛して結婚するんだろうな・・・」

「きっとありふれた人生なんだろうな・・・」

「ささやかな満足から抜け出せないんだろうな・・・」

「空を自由に飛びたいな(はい!タケコプター!)」

「わああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

「就活ってなんだ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

「就職ってなんだ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

「人生ってなんだ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

「大人ってなんだ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

「おれってなんだ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

「なんのために生きてるんだ!!!!!!!!!!!!!!!!!」

「バカバカしい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

「うひょおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」

 

 

 

ん?アフィリエイト!?

就活やめる!!!!!!

 

 

ってなったんですね(笑)

(⇒アフィリエイトとは?意味・仕組み・メリット・向いている人を解説☆

 

ぼくは就活狂想曲を見てこんなことを改めて思い、大学4年の4月に就活をリタイヤしました。

「就活から逃げただけだろ」って言われればそうかもしれません。

べつに就職が全てじゃない

 

何が言いたいのかとですね。

べつに就職が全てじゃないってことです。

 

日本人は集団主義的国民性なので仕方ないのかもしれませんが、

周りに合わせて大学生になって就活して就職してサラリーマンになる必要なんてないんです。

 

幸いぼくは周りと同じ価値観で生きていると

同調圧力で生き苦しくなって息苦しくなるような人間だったので、

就活狂想曲に異常なほど気持ち悪さを感じて就活をやめることができました。

 

就職という日本人のほぼ全ての人が当たり前だと思っている人生の選択肢を消すことができました。

 

実際にアメリカでは労働人口の3人に1人はフリーランスで会社に拘束されない人生を過ごしています。

 

お金、欲しいですよね。

時間、欲しいですよね。

幸せ、欲しいですよね。

ストレス、いらないですよね。

色んなところに行きたいですよね。

やりたいことやりたいですよね。

 

(共感していただけたら⇒「就活・就職辞めたい」なら辞めてもいい。人生の無駄遣いだから。もぜひ)

 

 

なんかこの記事を書いていてとても気持ちがスッキリしました。

未だに就活や就職に「クソくらえ!」って気持ちがあってですね(笑)

 

就活狂想曲には感謝しています。ありがとう。

 

 

あと就活中にTwitterで拾ったんですが

このウェイウェイ大学生が

 

 

こうなるっていうw

 

 

 

これは見た瞬間「うわっ。気持ち悪っ。就活辞めよっ」って思ったことも就活を辞めた原因の1つです。

 

 

そう。私はクズなのです。

 

 

ではでは