どうも、しょへです。

 

サテライトサイトって発音すると口が気持ちいです。

サテライトサイトとは?意味や効果

 

例えば

とてつもなく可愛い女の子がいてその子に姉がいると知ったら

「お姉ちゃんも可愛いんだろうな。見てみたいな。」って思うじゃないですか。

 

例えば

中国人が日本で営業しているラーメン屋さんが感動するほどおいしかったら

「中国に行って本場の味をもっと感じたいな」って思うじゃないですか。

 

例えば

死にたくなるくらいの悩みを解決してくれたサイトに出会えたら

「そのサイトのメインサイトにはもっといい情報があるのでは?」って思うじゃないですか。

 

それがサテライトサイトです。

 

ツマリ!(・∀・)

 

サテライトサイトとは、

メインサイト(ブログ)へのアクセスを流す&被リンクを集めるために

メインサイトとはまた別に自作自演で運営するサイト(ブログ)のことです。

 

なぜ自作自演かというと本来リンクというのは

他のサイト運営者さんが、質の高いサイトを紹介するために自然に貼ってくれるものです。

 

そして

自然な被リンクがあるサイトは

「質の高いサイトだから自然な被リンクがあるんだな。認めてやろう。」

と、検索エンジン様から高い評価をいただくため、検索結果に上位表示されやすくなります。

 

ですが

そもそも被リンクというのは簡単にもらえるものではなく

残念ながらアフィリエイトブログは特にもらいにくいジャンルです。

 

そこで、

「メインとは別に、自分でサイトを作成してリンクを張ってしまおう!」

というのが自作自演のサテライトサイト。

 

ってなわけです。

 

要はSEO対策ですね。

サテライトサイトは必要?どうすればいいの?

 

サテライトサイトについては人それぞれの見方があると思いますが、

個人的にはあまり肯定的ではありません。

 

しょせん、

サテライトサイトって色々あるSEO対策の1つにすぎないんですよ。

それにも関わらず、作成に多くの時間と労力がかかります。

 

さらに、

リンクの本来のあり方である「自然に」ができていないと

検索エンジンからペナルティをくらい、圏外に飛ばされる可能性だってあります(´・ω・`)

 

以前は質の低いサイトを量産してリンクを貼れば簡単に上位表示されたそうですが、

現在は量より質です。100本のしょぼい被リンクより1本の素晴らしい被リンクです。

 

実際にGoogleは、

 

検索エンジンからユーザーを誘導するだけのために作られた固有の価値を持たないページは、ガイドライン違反として対応させていただく場合があります。

Google ではあくまでユーザーにとってそのページを訪れる価値があるかという観点から判断をおこなっています。本当にユーザーのために作られたページと、検索エンジンからの誘導のみを目的としたページとでは、手のかけ方に大きな違いがあることを Google は認識していますのでご安心ください。引用:ウェブマスター向け公式ブログ

 

と、明言していまして

 

つまり

本気でサテライトサイトを作成すると、

メインサイトとは関連するジャンルで違う主旨の

有益で、ボーリューミーで、オリジナル性のあるサイト を作らなければなりません。

 

 

どう思います?

 

 

こんなことしている暇があったら

1つのサイトを大きくした方がよくないですか?

 

 

ライバルが多いキーワードで1位を狙い撃ちするならサテライトサイトは必須ですが、

ロングテールキーワードで1ページ目を狙うくらいなら必ずしも必要ではないと思います。

 

サテライトサイトを作成するにしても

肝心のメインサイトがしょぼかったら本末転倒です。

 

「まあまあ収益が上がってきたし、時間にも余裕が出てきたぞ!いえい!」

「でも、もう少し検索エンジンからのアクセスがあるといいなあ・・・」

という段階からで遅くはありません。

 

あと

「サテライトサイトを作ろう!」と思って作るのではなく

本当に作りたいサイトがあってそれが結果的に

サテライトサイトの役目を果たすようなスタンスの方が効果的で効率的かと思います。

 

 

ちなみに

ぼくも” THE サテライトサイト ” というものは1つも持っていません。

 

でも最近、

メルマガのバックナンバーサイトを⇒シリウスで作ってみました(´▽`)

それがこのブログのサテライトサイトになってくれるので今はそれだけで十分です。

 

 

ではでは