どうも、しょへです。

 

「キーワードが大切です!」

「検索ボリュームを調べましょう!」

「検索ユーザーの気持ちを想像しましょう!」

「アフィリエイト・SEO対策にキーワード選定は必要不可欠です!」

 

なんてよく言われますが、

いくらお気に入りで愛しいキーワードが思いついても

強いライバルサイトがいれば諦めてスカスカキーワードを狙うことも大切です(・∀・)

 

言い方悪いかもですが、

どんな弱い小動物でも生きる術を習得して生きているように

SEOに弱いブログ・サイトには弱いなりのやり方があるのです。

 

ライバルが少ない場所で集客できてしまえば、

「アフィリエイトは先発組が~。後発組では~。」みたいな話もどうでもいいわけですしね。

 

なので、

そのキーワードのライバルサイトはいるのか?いないのか? 自分よりも強いのか?弱いのか?

をチェックし、ライバルを確認した上でキーワードをより選定していく必要があります。

アフィリエイト・SEO対策・キーワード選定に必須!ライバルチェックのやり方3つ

1.ライバルサイトのタイトルにキーワードが入っているか?

 

当然、キーワードありきの検索・キーワードありきのSEO対策ですから、

「ライバルサイト(記事)のタイトルに狙ったキーワードが入っているかどうか?」です。

 

例えば、

「サラリーマン 人生 つまらない」という複合キーワードにしようと思い、

チェックしたら3つのキーワード全てが入っているサイトタイトルがたくさんあったとします。

 

そうなるとそのサイトらもその3つのキーワードを狙って、

上位表示・SEO対策している強いライバルサイトの可能性が高いということです。

 

逆に、

3つのキーワードが入っているタイトルがなければ、(「サラリーマン つまらない」など)

3つの複合キーワードで狙っているライバルがいないスカスカキーワードの可能性が高い。

 

 

ちなみにですが、

サイトタイトルに狙ったキーワードが全て入っているものを ” allintitle(オールインタイトル)”

一部のキーワードが入っているものを ” intitle(インタイトル) “ といいます。

 

例えば、

「サラリーマン 人生 つまらない」という3キーワードのallintitleよりも、

「サラリーマン つまならない」というintitileの方が必ずより多くヒットするのは想像できますよね。

 

そして、その多いintitleに対してallintitleが極端に少ないキーワードは、

需要(intitle)はあるのにライバルサイト(allintitle)が少ない ” ブルーオーシャンキーワード “ と呼ばれます。

 

※ ブルーオーシャンとは、深海のようにライバルがいない未開拓市場のこと

 

ライバルが少ないということは上位表示されやすい、つまりは狙い目のキーワードだということです。

(全くのライバル0という場合はほぼありません。あったとしても需要が0です。)

 

キーワードスカウターS

 

 

ただこれ、

 

「このキーワードのallintitleとintitleはどのくらいかなあ」

「ああダメだ、allintileが多すぎる~」「ああダメだ、allintitleとintitleの比率が~」

「他にはどんな関連・複合ワードがあるだろうか・・・。浮かばん・・・。」

 

なんて嘆きながら頭の中にあるキーワードをいちいち検索して、

ブルーオーシャンキーワードを探していくやり方はめっちゃダルいです。

そして、時間と労力を消耗していき他のアフィリ作業ができなくなることでしょう。

 

ぼくもキーワードに時間と労力をかけるのはどうも苦手なので、初期の頃はずっと逃げていました。

 

そこで実は、

「ブルーオーシャンキーワードを簡単に・効率よく・数回のクリックで・半自動で、

さらには自分の頭にはなかった関連・複合キーワードをザクザク見つけてくれる便利なキーワード選定ツール」

があります。

 

 

⇒キーワードスカウターSの詳細しっかりとお読みください。

一度使うとキーワード選定・SEO対策・アフィリエイトに欠かすことができなくなる神ツールです。

2.ライバルサイトはどういう種類の媒体なのか?

 

  • 無料ブログ
  • 質問投稿サイト
  • 下層ページ
  • SNS

 

が上位表示されている場合、ライバルサイトは弱い可能性が高いです。

 

でも、

 

  • 公式サイト
  • ニュースサイト
  • まとめサイト
  • 大規模な独自ドメインサイト

 

が上位表示されている場合は・・・(´・ω・`)

3.ライバルサイトのコンテンツが強いかどうか?

 

要は中身ですね。

 

まあ、なんとなくの雰囲気で

「強そうだな」「弱そうだな」とわかったりもしますが

とりあえずライバルの中身を調べてみることが大切です。

 

 

  • 情報のクオリティ
  • 記事数のボリューム
  • ジャンルの統一性
  • キーワード
  • 更新頻度
  • 最終投稿日時
  • デザインの見やすさ
  • 内部SEO対策
  • 被リンクの数

 

被リンク数は、被リンクチェックツールで簡単にわかりますので

上記をチェックすれば、自分のサイトとライバルサイトを明確に比べることができます。

 

(またちなみにですが、先ほど紹介したキーワードスカウターSでは、上位サイトの被リンク数を始めとしたのSEOに関するデータをさらにゲットできます。これも半自動です。)

まとめ

 

「ライバルサイトチェックのやり方3つ」

 

  1. ライバルサイトのタイトルにキーワードが全て入っているか
  2. ライバルサイトはどういう種類の媒体なのか
  3. ライバルサイトのコンテンツが強いかどうか

 

これを踏まえた上でキーワード選定をしていきます。

 

 

と、

簡単に説明しましたが数ヶ月の時間をかけてブログ・サイトを大きくしていけば、

競合キーワードで強いライバルサイトより上位表示できる可能性は十分あると思います。全ては自分次第。

 

アフィリエイトもSEO対策も時間と努力に比例してパワーアップしていきます。

 

だから

ライバルチェックをした上で自分に気持ちがあるのなら、

強いライバルサイトがいるキーワードを選ぶも選ばないも両方アリです。

 

なにも「絶対1位にならなきゃいけない」ってことでもないですしね。

需要あるキーワードの1ページ目に入れば集客効果は間違いありません。

 

ただ、

右も左もわからないレベル1の初心者さんがラスボスのようなライバルサイトしかない

ビッグキーワードを狙うやり方はちょっと無謀な気がしますし、

 

というか初心者さんなら

キーワード選定やライバルチェックに時間をかけすぎないで、

 

  • アフィリエイトの基礎を学ぶこと
  • 人様に感謝されるような価値ある情報発信を真っすぐ継続すること

 

の方がよっぽど大切かと思います。

キーワードスカウターS&特典について

 

そこで、

ブルーオーシャンキーワードを半自動で楽チンに見つけてくれる

⇒キーワードスカウターSというキーワード選定ツールがすごぶる便利です。

 

WEB上のツールではなく、パソコン上に直接インストールする形の結構ガチなツール。

 

時間がない・他にやるべきことがあるあなただからこそぜひチェックしてみてください。

あとはラクをしたい人にも必見で、ぼくもラクが大好きなので愛用しています(・∀・)

 

 

キーワードスカウターSの購入者さんには⇒しょへの通常特典が付いています。

調べた上で使い方がわからない場合は、ぜひ気軽にご連絡ください^^

 

そして、もう1つ。

 

キーワードスカウターS購入者さん限定オリジナル特典として、

「キーワードの力を最大限発揮させる集客記事のうまい書き方8つのコツ」

というPDFレポートをプレゼントしています。

 

キーワードスカウターSの特典

 

 

こちらの特典は、キーワードスカウターSを使ってキーワード選定をし終えた後のお話。

 

いくらブルーオーシャンキーワードを見つけても、

そのキーワードを入れて記事を書かないと上位表示はされません。

そして、ただ単に詰め込めばいいというわけでもありません。

 

そのキーワードの力を最大限発揮させる

 

  1. うまい集客記事の書き方(コツや注意点)
  2. うまいキーワードの入れ方(コツや注意点)
  3. その他SEO対策に関するほにゃらら

 

についてお話します。

こちらの特典もあなたのキーワード戦略にぜひお役立てください^^

 

ぼくはこのブログへの新規集客を検索エンジン1本に絞っているので、

あなたも検索エンジンから訪問してくださった可能性が高いはずです。

 

なので、

キーワードスカウターSでブルーオーシャンキーワードを選定し、

特典レポートを参考にうまい集客記事を書いていけば上位表示されるということは、

今のこの状況が何よりの証拠になると思うんですね。(もちろん 他の要素もありますが)

 

だから

キーワードスカウターSのレビューをきちんとレビューという形でするかどうかは迷いました。

オススメしない理由も特になさすぎますし、販売ページを読んでもらえば魅力・使い方もわかりますし・・。

 

レビューはアフィリエイターの仕事だけどあえてこういうゆるい紹介もアリかなと思います。

 

 

 

キーワードスカウターSの扱いに慣れると、

 

  1. とにかく作業効率が上がる
  2. キーワード選定が半自動でとにかくラクできる
  3. 半自動だから時間が生まれて他のアフィリ作業に集中できる
  4. その生まれた時間でお昼寝をしてもOK。遊びに行ってもOK。
  5. ライバルが少ないキーワードがザクザクと発掘できる
  6. 検索エンジンに上位表示できる
  7. 検索エンジンからアクセスが増える
  8. キーワード選定にもう悩まない
  9. キーワード選定が苦手でもできる
  10. 税込み5378円という低価額でコスパがめっちゃいい
  11. アフィリエイト報酬が4732円だから1本紹介成功で元がとれる
  12. ライバルサイトの詳しいSEOチェックが1クリックでできる
  13. アフィリエイトが加速していく
  14. SEO対策にもっと本腰が入る
  15. 他のアフィリエイターをぐんと突き放せる
  16. 思いつかないようなキーワードがポンポンポンポン出てくる
  17. 思いつかないようなキーワードから記事ネタの発見にも繋がる
  18. モチベーションに繋がる
  19. 「これだ!」というキーワードが見つかるので楽しい
  20. リアルタイムのトレンドキーワードも簡単にリサーチできる
  21. バージョンアップが無料
  22. もちろん使い方マニュアルも付属している
  23. ただ、複合キーワードが多いと選定に時間がかかる(自動なので他の作業ができます)
  24. ただ、あくまでもキーワード選定とライバルチェックをするツールにすぎない
  25. だから、集客できるキーワードの入れ方をしないと集客はできない(この部分が特典です)
  26. だから、集客して意味のある魅力的な記事(ブログ)を作らないと結果には繋がらない
  27. だから、集客して意味のあるターゲットを決めないと結果には繋がらない(興味・悩みとブログ・キーワードが合致)
  28. それにも関わらず、今までキーワード選定に悩んでいた労力と時間のもったいなさにあなたは必ず後悔する

 

 

これらのワードにピンッともしくはビビッときたあなたにはオススメできない理由がありません。

 

→ キーワードスカウターS (必ず約10分の機能の解説動画からご覧ください)

 

キーワードスカウターS

 

 

特典が付いていることのご確認もお願いします<(_ _)>

特典配布

 

 

ただし、目的はキーワードスカウターS本体と特典だけにしてください。

「アフィリエイトマスター講座無料体験」というバックエンドに誘導されますが、無料は最初だけなのでガン無視でOKです。

(このバックエンドの存在がツールの値段が安い・アフィリ報酬が高い理由だと思われます。)

 

あとは、詳細&販売ページのスクロールを止めるとたまに出てくるやつがうっとおしくてイヤだ。

 

文句はそのくらいです(笑)

 

 

お悩みのあなたへ関連記事のご紹介。

 

① → キーワードスカウターSでチェックできる11のライバルサイト情報とは?

② → キーワードスカウターSはトレンドキーワード選定にもおすすめ

③ → 【キーワードスカウターS】石川琢麻さん・Catch the Webについて

④ → 高機能で愛おしいキーワードスカウターSの価格が安い 裏の理由とは?

 

 


 

追記

 

先ほどお話した約10分の機能解説動画ですが、Youtubeにあったのでここにも載せておきますね。

 

 

 

ではでは