どうも、しょへです。

 

「キーワード選定が大切です!」

「検索ボリュームを調べましょう!」

「検索ユーザーの気持ちを想像しましょう!」

 

なんてよく言われますが、

いくらお気に入りのキーワードを見つけたとしても

強いライバルサイトがめっちゃいれば諦めることも大切です(・∀・)

 

だから、

そのキーワードのライバルサイトは強いのか?弱いのか?を

実際に検索してチェックする必要があります。

ライバルサイトチェックの方法3つ

1.ライバルサイトのタイトルにキーワードが入っているか?

 

当然、キーワードありきの検索ですから

ライバルサイト(記事)のタイトルに狙ったキーワードが入っているかどうかです。

 

例えば

「サラリーマン 人生 つまらない」

という複合キーワードにしようと思い、

チェックしたら3つのキーワード全てが入っているサイトタイトルがあったとします。

 

そうなるとそのサイトも

その3つのキーワードを狙って上位表示させている強いサイトの可能性が高いです。

 

逆に

3つのキーワードが入っているタイトルがなければ

その複合キーワードのライバルはスカスカの可能性があるので、OKです^^

2.ライバルサイトはどういう種類の媒体なのか?

 

  • 無料ブログ
  • 質問投稿サイト
  • 下層ページ
  • SNS

 

が上位表示されている場合、ライバルサイトは弱い可能性が高いです。

 

でも

 

  • 公式サイト
  • ニュースサイト
  • まとめサイト
  • 大規模な独自ドメインサイト

 

が上位表示されている場合は・・・(´・ω・`)

3.ライバルサイトのコンテンツが強いかどうか?

 

要は中身ですね。

 

まあ、なんとなくの雰囲気で

「強そうだな」「弱そうだな」とわかったりもしますが

とりあえず中身を調べてみることが大切です。

 

 

  • 情報のクオリティ
  • 記事数のボリューム
  • ジャンルの統一性
  • キーワード
  • 更新頻度
  • 最終投稿日時
  • デザインの見やすさ
  • 内部SEO対策
  • 被リンクの数

 

被リンク数は、被リンクチェックツールで簡単にわかりますので

上記をチェックすれば、自分のサイトとライバルサイトを明確に比べることができます。

まとめ

 

「ライバルサイトチェックの方法3つ」

 

  1. ライバルサイトのタイトルにキーワードが入っているか
  2. ライバルサイトはどういう種類の媒体なのか
  3. ライバルサイトのコンテンツが強いかどうか

 

 

 

簡単に説明しましたが数ヶ月の時間をかけて媒体を大きくしていけば

強いライバルサイトより上位表示できる可能性は十分あると思います。自分次第だけど。

 

だから

ライバルチェックをした上で、自分に気持ちがあるのなら

強いライバルサイトがいるキーワードを選ぶも選ばないも両方アリです。

なにも、「1位にならなきゃいけない」ってことでもないですしね。

 

ただ、

右も左もわからないレベル1の初心者さんがラスボスのようなサイトしかない

ビッグキーワードを狙うはちょっと無謀な気がしますし、

 

というか初心者さんなら

キーワード選定やライバルチェックに時間をかけすぎないで、

真っ直ぐ情報発信を続けること ”の方が大切かな思います。

 

 

ではでは