どうも、しょへです。

 

あなたは「記事を書くのにめっちゃ時間がかかる」「速く書けない!」と悩んでいませんか?

1日1記事達成☆(平均で)

 

本日は2017年8月31日でございますが、

「8月は1日1記事書くぞ!」という目標を立て この記事が31本目の記事です(パチパチパチ)

 

書けない日もあったけど、平均して1日1記事でした。

 

今までは1ヶ月12・3本くらいの投稿でしたので、我ながら頑張れたんじゃないかと。

 

まあ 今月はブログ記事の投稿に集中しているってだけで、

それ以外の月はそれ以外の作業に集中しているわけですから サボっていたわけではありません(笑)

 

そして、何も毎日毎日毎時間毎時間パソコンに向かっているわけでもありません。

 

当然ですよね。

ぼくだって仕事以外にやりたいこと・やるべきことは山ほどあるし、

というか 自由な時間を得るためのアフィリエイトなのに本末転倒にはしたくはないです。

 

ですから、今月は1日1記事書くためにより時間を大切にするようになりました。

(合わせて読みたい:⇒アフィリエイトは副業?専業?副業でも稼げるの?時間が足りない!

1記事を書く時間ってどのくらい?

 

そんで時間をうまく活用するためには、

「1記事書くのにどのくらい時間がかかるのか?」

という部分を把握して毎日を生きなければいけません。

 

ですが、

「1000文字は1時間」「2000文字は2時間」とか

そんなわかりやすい目安があるわけでもなく 内容・実力・状況・モチベーションによってかかる時間は変わってきます。

 

 

たとえば、

 

タイピング速度が遅ければ時間はかかります。

逆に、記事を書くことに慣れてきてタイピングが速くなってくればかかりません。

 

WordPressのアレコレやら画像の張り方やら装飾の仕方やらわからなければ時間はかかります。

逆に、慣れてしまえばかかりません。

 

知識が全くないことを書こうとすれば情報収集してから書くので時間はかかります。

逆に、詳しいことや自分の考えなど、既に頭の中にあることを吐き出すように書くならかかりません。

 

伝えたい情報がたくさんある記事を書くなら時間はかかります。

逆に、伝えたい情報をビシッと1本に絞れているならかかりません。

 

レビュー記事のような直接結果に繋がる大切な記事を書くなら時間はかかります。

逆に、読者さんと信頼関係を築くために書くようなゆるい記事にはかかりません。

 

「さあ書こう!・・・・・・で、何書こう。」という状態なら時間はかかります。

逆に、常日頃から記事ネタのアンテナをビンビンに立てていればかかりません。

(合わせ読みたい:⇒ブログの記事ネタが思いつかない!記事ネタの探し方~コツ2つ~

 

「さあ書こう!・・・・・・で、どう書こう。」という状態なら時間はかかります。

逆に、文章を書く力や記事の展開を考える力・記事の完成イメージがあるならかかりません。

(合わせて読みたい:⇒コピーライティングとは?アフィリエイトにコピーライティングはクソほど重要

 

キーワード選定やライバルチェックを自力でやっているなら時間はかかります。

逆に、有能なキーワード選定ツールをフルに活用してしまえばかかりません。

(合わせて読みたい:⇒アフィリエイト・SEO対策・キーワード選定に必須!ライバルチェックのやり方3つ

 

ガッツリSEOを意識した集客記事ならキーワードを意識して書くから時間はかかります。

逆に、キーワードがフワッとした記事を書くならバーーーって書くからかかりません。

 

アイキャッチ画像のイメージがなかったり、加工や手作りをするなら時間はかかります。

逆に、フリー素材でチャチャッと選んでしまえばかかりません。

 

なんとなく記事を書くモチベーションが上がらずにダラダラしているなら時間はかかります。

逆に 「毎日投稿するぞ!」とモチベーションが高ければ高いほど手が進むのでかかりません。

 

「今日は10時間も作業できる!」となればしっかり考えて作り込めるので時間はかかります。

逆に 「今日は1時間しかない!」となれば「いかに限られた時間の中でいい記事を書くのか?」を追求するので、意外とクオリティの高い記事が短時間でかけたりもします。

 

磨き上げるために完成した記事を何回も何回もチェックしていれば時間はかかります。

逆に 完璧を求めなければかかりません。

 

 

要するに、

 

「1記事に〇時間かかったから遅いとか速い」とか

「速いからスゴイとか」「遅いからダメだ」とかそういう話ではないということです。

 

 

1日1記事投稿を目標にしたぼくが言うのもあれですが、

時間という枠に囚われて記事を書くと大切なものを見失ってしまう可能性があります。

 

たとえ数日かけて書いても読まれなければ意味ないし、30分で書いても結果に繋がればいいわけです。

 

だから、1記事書くのに時間がかかってしまってもいちいち落ち込まないでくださいね。

 

内容・実力・状況・モチベーションによってかかる時間は変わります。

 

特に ブログを始めて間もないころは時間がかかって当たり前。

むしろ初心者さんだからこそしっかり考えて時間をかけて慣れていくべきなんです。

 

 

これらのことを理解した上で、

「どのくらい時間かかるかな?」とザックリと考えて時間を確保していく必要があります。

 

先ほどもご紹介しましたが、

⇒アフィリエイトは副業?専業?副業でも稼げるの?時間が足りない!

の記事も読んでいただくと あなたの時間に対する考え方が変われるかと。ぜひ^^

 

 

ちなみにこの記事は、

【新規作成】をクリックしてから【公開】をクリックするまで約90分でした。

 

遅いとか速いとはよくわかりません。考える必要すらないと思っています。

 

読者さんにとってはそんなの全く関係ない話ですしね(笑)

 

 

 

ってことで、31本目の記事終わり~!バイバイ8月!こんにちは9月!

 

 

また更新頻度はゆるくなります( 。∀゚)

 

 

ではでは