どうも、しょへです。

 

一部ではありますが、

お問い合わせメールを送ってくださる方(購入者サポートの方ではない)の中には

 

  • 自分が何者かすら明かさない
  • 挨拶すらまともにできない
  • きちんと教えてもお礼を言えない
  • 初めましてなのになぜかタメ口
  • 明らかにブログ・メルマガを読んでいない
  • 無料で「ノウハウを教えろ」との一点張り
  • 根拠がない批判
  • 自分の知識がないせいで勘違い批判
  • 一行だけ

 

こういった方がいることは事実です。

 

「気軽にメッセージください」とは言っているけど気軽すぎるっていうか・・・要するに失礼な人。

 

べつに記事にしてまで文句が言いたいわけでも

それだけで怒るような小さい男でもないけれども、

「失礼なメールを送ってくるような人が稼げるようになるとは思えないなあ」ってお話です。

(数時間考えて書いたのにシカトされたりはむかついたけれども)

 

まず前提として、

アフィリエイトで稼げている人の中にそういった失礼な方はいません。

「ネットだから匿名で適当なことできる!アフィリエイト最高!」なんてナメているは1人もいません。

 

こちとら遊びでメールを受け付けているわけではないし、

” お問い合わせメールを送る ” という行為は100%相手と自分の1対1のやり取りなんだから、

「自分が送られて嫌なメールは相手も嫌だろうな」ってことくらい普通の大人ならわかるじゃないですか。

 

それを「当たり前」だと思ってしまったら、

アフィリエイトうんぬんじゃなくていよいよ人間的にヤバイと思います。

 

アフィリエイトはリアルでのお仕事と同じように、

お客さんの気持ちを考えることや信頼関係を築くことで成り立つお仕事でもあるんです。

 

そしてメールのやり取りをするということは、

相手の貴重な時間と労力を奪っているということなんです。

 

サラリーマンがそんなメールを送ったらクビになるかもですよね?

挨拶やお礼を言えないような人から「商品を買いたい」なんて思わないですよね?

 

1人の気持ちさえもわからない人がいざ本番になって不特定多数の人を相手に、

信用を得られるような情報発信・相手の気持ちを考えた商品レビューなどができるとは思えません。

 

 

不器用でもいいんです。

初心者でもいいんです。

小さな質問でもいいんです。

社会不適合者でもいいんです。

性格が良くなくてもいいんです。

常識から外れていたっていいんです。

 

 

ただ、

「 ” 自己紹介・挨拶・お礼・敬語 ” すらできないで それを何とも思わないような人が、

 読者さんの気持ちに寄り添って商品を紹介するアフィリエイトのお仕事には向いてないだろうな」

ってぼくは思います。

 

アフィリエイトに対する考え方を根っこから変えないと、稼げるようにはなりません。

 

 

ではでは