どうも、しょへです。

 

 

大人にもなりきれず子どもにも戻れないぼくは、

 

「人生ってなんなんだろう」

「なんで自分は生きているんだろう」

「人生の意味・生きる意味ってなんなんだろう」

 

と考えまくる時期があった。

 

 

生まれてきたことを呪うほどではないけれども、生まれてきたことに感謝するほどでもない。

 

特別幸せというわけでもなければ、特別不幸せというわけでもない。

 

勝手に産み落とされ、死ぬ勇気がないからなんとなく生きている人も多いのではないだろうか。

 

 

「人生は幸せを手にするために!」

 

という言葉は耳にタコができるほど聞いたが、

常識通りに生きていると人生の大半をやりたくもない勉強や仕事に拘束されて苦痛を感じながら生きるようになるのは矛盾している気がする。

 

常識が必ずしも正しいとは限らない。

 

 

それに、どうせいつかは土に還る。

裕福も貧乏も社畜もニートも美男女もブサイクも性格いいやつも悪いやつもみな還る。

 

1年後に災害が起きて死ぬかもしれないし、1ヶ月後に心臓発作で死ぬかもしれないし、今日交通事故で死ぬかもしれない。

 

人生が終わったら自分自身には何も残らない。

人生に意味なんてない

 

だからきっと、” 人生に意味なんてない ” んだと思う。

 

そう思ったらやりたくないことをして苦しむのがバカバカしくなった。

常識や他人の目や親のエゴを気にして真面目に生きることがマジでどうでもよくなった。

 

「どうせ意味のない人生を生きるのならとことん自分らしく生きてやろう」と思えた。

 

もし周りに否定されたらむしろチャンスだ。

他人がやらないことをやってこそ価値や成功がある。

 

最初からうまくいく人なんていない。

 

人間は生きているだけでお金がかかるから100%は逃げられないけど、

自分の可能性を否定せずに挑戦していればやりたいことで生きていける道はある。

 

 

人生に意味なんてないからこそ、

「あのときああしておけばよかった」

と、後悔しないように自分らしく死の準備をすること。

 

生きる意味なんじゃないかと今では思う。

 

 

 

「生活・将来・就活・就職・会社・仕事・夢」など、人生の意味にまだ悩んでいるあなたへ。

こちらの記事をぜひ読んでもらいたいと思います。あなたの支え・きっかけになれましたら幸いです。

 

⇒「就活・就職・会社・仕事辞めたい」なら辞めてもいい。人生の無駄使いだから。

 

 

ではでは