どうも、しょへです。

誰も読んでいない時期の正しい考え方

 

ブログを開設したばかりのときはアクセスなんて全くありません。

メルマガを開設したばかりのときは読者さんなんて誰もいません。

 

ぼくもブログのPV(ページが開かれた回数)が10とか20とかしかなくて、

よくよく考えたら全部自分のアクセスだったような苦しい時期がありました・・・(´・ω・`)

 

ブログやメルマガの成長には時間がかかりますから、

アフィリエイトにはこういった下積み時代が必ず存在します。

 

記事を書いても書いてもアクセスが増えなくて、

 

「一体なんのために書いているんだろう」

「時間と労力を無駄にしてるだけじゃん」

「このままずっと誰も読んでくれないんじゃないか?」

「このままずっとアフィリエイトで稼ぐことはできないんじゃないか?」

 

と 悲観的になったり、卑屈になったり、モチベーションが下がったり、辞めてしまいたくなったり。

 

 

ありますよね。

 

 

でも、

「どうせ誰も読んでないから手ぇ抜いてもいいや」

じゃあ一生誰も読んでくれないブログ・メルマガになってしまうと思うんです。

 

たとえば、

売れていないバンドのライブはお客さんが数人しかいなくて

ライブハウスにノルマ(お金)を払ってライブしたりするじゃないですか。

 

その数人のお客さんを目の前にして、

「どうせ客少ないし適当にやればいいや」

「曲作っても誰にも届かないから妥協してもいいや」

みたいな考えを持っていたら売れるようになるはずがないですよね。

 

「最初は全く売れなかったけど武道館ワンマンの夢叶えました!」

みたいなバンドは、売れない時期でもその時にできる精一杯をぎこちなく尽くしていたんだと思います。

 

お客さんが少ないからこそ、

「どうすればお客さんが増えるのか?」「どうすれば売れるのか?」を考えるべきなんです。

 

きっと「どうせ誰も読んでないから手ぇ抜こっ」と思っている人は、

メルマガ読者が1000人になったところで「何書けばいいかわからん!」ってなるだろうし、

ブログアクセスが大量に増えたところでダメなブログは 誰も読んでくれないし何も売れません。

 

 

そういうブログアクセス・メルマガ読者さんが全くいない時期は、

誰もが必ず経験する大きく羽ばたくために必要不可欠な助走期間。未来の自分への投資期間。

 

あなたがダメなわけではありません。あなたは土台を作っているだけなんですから。

 

建物と同じように ダメな土台の上に建てる媒体はダメな媒体になっちゃうけど、

逆に 土台さえしっかり作りこめばそこから派生してさらに立派な媒体になります。

 

 

 

ですから

初期(土台)の時点でアクセス数・読者数にこだわりまくったり、

それを理由にメンタルやられて手を抜くっていうはチャンチャラおかしい話なのです。

 

ぜひ助走期間(土台)のうちから明るい未来へ繋がる作業・思考をしていきましょう。

そして、その努力が実るときは必ず来ますので、そのときまで努力を継続しましょう。

 

 

 

ちなみにですが、

初心者さんでも時間・労力・頭を使わずに圧倒的なSEO対策(検索エンジン最適化)をする方法が1つだけあります。

 

それは、

” 勝手に上位表示されやすくなるテンプレート “

に変えるということです。

 

このブログでも使っているSEOに強い⇒賢威テンプレートは、

テンプレートだけでなくガチなSEOノウハウマニュアルや最高のサポートフォーラムがあったりなど、

間違いないものだと個人的に思うのでこちらもぜひチェックしてみてください^^

 

 

ではでは