どうも、しょへです。

 

以前、思い出すだけで顔が赤くなるような記事を量産していたので、

このブログではある日をきっかけに記事を削除しまくりました。

 

そして、サーチコンソールのクロールエラーに「URLが見つからないよ」「404エラーだよ」と引っかかりました。

(合わせて読みたい:⇒サーチコンソールの機能と登録方法とサイトマップ送信方法をわかりやすく解説

 

まあコレはエラーになるものみたいなので、

焦らずに毎回毎回チェックを入れてきちんと ” 修正済み ” にしていたんですね。

 

きっとあなたも経験があるかもしれません。

 

でも、

何十回も修正済みにしても削除した記事の同じURLが ” エラーのあるページ ” に表示されました。

(キャプチャー撮っておけばよかったと後悔)

 

「なんでだろー」と思いながらこれも焦らずに半年以上も放置していたので、

流石に気になって調べてました(・∀・)

クロールエラーを放置しておくのは良くない

(存在しない)URL がクロールされ、コンテンツがインデックスに登録される場合があります。存在しないページに対して Googlebot の時間が消費されるため、所有している固有の URL の検出が遅れたり、アクセスの頻度が少なくなったりする可能性があります。また、サイトのクロール範囲にも影響する可能性があります(検索クエリ「ファイルが見つかりません」でサイトが上位にランクされることは避ける必要があります)。

(引用元:サーチコンソールヘルプ

 

どうやら削除した記事によるクロールエラーは放置しない方がいいみたいですね。

 

このエラーが検索エンジンの順位にどこまで影響するかはわかりませんが、

そんなことよりも ここまでエラーが改善されないと直したくなるのが人間です(笑)

削除した記事によるサーチコンソールのクロールエラーの解決方法

 

通常は ” 修正済み ” にするだけで解決するらしいんですけど、なぜか解決されません。

 

そこで、

 

【WordPressダッシュボード】→【外観】→【テーマの編集】→【404テンプレート(404.php)】と進み、

 

クロールエラー

 

 

1番下に以下のコードを貼り付け、【ファイルを更新】をクリックしました。

 


 

<?php
header(“HTTP/1.1 404 Not Found”);
?>

 


 

 

クロールエラー

 

 

すると、

 

その翌日には「過去90日間エラーが検出されませんでした」となっていました。

 

クロールエラー

 

 

 

・・・過去90日間?

 

 

昨日までゴリゴリにエラーだったんだけどなあ。

理屈はよくわかんないけど、とりあえずエラーは検出されなくなったからいっか!

 

これで削除した記事たちとは完全にオサラバできました。

 

 

ご参考になれましたら◎

 

 

ではでは