どうも、しょへです。

 

アフィリエイトを今から始めても稼げる理由をサクサクと6つまとめていきます!

 

この記事を書いている現在は2017年ですが、

2017年からというかいつ始めても「後発組だから絶対に稼げない」ということはありえません。

 

べつに2020年から始めても稼げると思います。

 

ただ、

アフィリエイトに取り組む時間が長ければ長いほど稼ぎやすくなるので、

「2017年からは無理だよ・・」とウダる暇があるなら1秒でも早く参入した方が良きです。

アフィリエイトを2017年から始めても稼げる6つの理由

1.正しい情報が整っているから

 

「先発組はズルイ!」と思うかもですが、

アフィリエイトの歴史はまだ浅く、先発組さんは整備されていない道を苦労して走ってきました。

 

そのおかげで今では、 ” 成功した人の正しい方法を最初からマネする “ ということができます。

 

先発組で挑戦して稼げなかった人にとっては、「後発組の方がズルイ!」と思うかもしれません。

2.アフィリエイトの市場規模が拡大しているから

 

アフィリエイト 2017年

 

 

このデータは2016年のものですが、

一目瞭然でアフィリエイトの市場規模は大きくなっていますし 今後もさらに拡大していくと予想されます。

 

アフィリエイトの市場規模が大きくなっているということは、

稼げる人・稼げる金額・稼げる可能性もどんどん増えていくということです。

 

スマートファンが普及して、いつでもネットができることが原因ですね。

3.継続できない人がほとんどだから

 

アフィリエイトの市場規模も稼ぐ人も増えているということは 参入する人も増えているわけですが、

「アフィリエイトは参入したほとんどの人が継続できずに諦める」と言われています。

 

ですから、

「自分さえ継続できれば 継続すればするほどライバルは減っていく」と言うことができるのです。

 

当然、収入0円の下積み時代を乗り越えられるまで諦めないようにしましょう。

4.ライバルがいても稼げるから

 

アフィリエイトに限らずどのビジネスにも同業者のライバルはいますが、

一定のラインまで継続するとライバルになる他のアフィリエイターは思ったよりも少ないですし、

そこに到達したときには ” 強いライバルがいても稼ぐスキル ” が身についている頃かと思います。

(一定のラインというのは人によりけり)

 

具体的には、

 

  1. ライバルが少ないキーワードや角度で集客できるようになる
  2. 自分にしかできない情報発信で他のアフィリエイターと差別化できる

 

とかですね。

 

あなただけのオリジナルを確立してファンを作れるようになれば、

ライバルがどうとかあまり気にならなくなりますよ。

 

このブログの場合ですと、大学生さんや同じ20代の方が多く読んでくれています^^

5.参入する人も今ならまだ少ないから

 

「アフィリエイトなどのネットビジネスは裏がありそうで恐いから利用したくない」

という方も53%いるみたいです。(参考記事:アフィリエイト、2020年に3,500億円まで拡大予想 副業としても認知、「今後利用してみたい」33%

 

アフィリエイトの規模が大きくなっているとはいえ、

ネットに不安感を抱えている人はまだ多いですので2018・19・20・21・・・年に比べると、

2017年ならまだまだ参入する人は少ないのではないでしょうか。

 

「ライバルがいても大丈夫」と書きましたが、

やはり最初からライバルが少ないに超したことはないですからね(笑)

6.実際に稼いでいる人がいるから

 

ぼく自身も2016年からアフィリエイトを始めて稼げるようになりました。

 

そして「2017年から始めても~」とは少し違うかもですが、

こちらの記事(データ)も見ていただけると「アフィリエイトは稼げるんだ」と納得できると思います。

 

① → 「アフィリエイトは5%しか稼げない・95%は稼げない」は嘘だよ

 

② → アフィリエイトは真っ当に稼げる真っ当な仕事だということ【証拠あり】

まとめ

 

「アフィリエイトを2017年から始めても稼げる理由」

 

  1. 正しい情報が整っているから
  2. アフィリエイトの市場規模が拡大しているから
  3. 継続できない人がほとんどだから
  4. ライバルがいても稼げるから
  5. 参入する人も今ならまだ少ないから
  6. 実際に稼いでいる人がいるから

 

 

「アフィリエイトは今から始めても稼げない!」と言っている人は、

きっと自分が諦めて稼げなかったからそう思うんでしょうし 気にしないでください・・・。

 

 

ではでは